NTT インターネット

決済情報コラム 収納代行 コンビニ収納 総合決済情報サービス

HOME決済情報コラム > 収納代行オーナーにコンビニ収納が必要なワケ

収納代行オーナーにコンビニ収納が必要なワケ

掲載日:2015年07月31日
更新日:2019年02月18日

収納代行ビジネスを検討されている企業様の声

 決済情報サービス事業部 営業部 福田憲二


私は、これから収納代行ビジネスを始めたいと考えておられる企業様にうかがうことが多いのですが、担当者様から「昨今の収納代行のニーズはどうですか?」とか「コンビニ収納のメリットはなんですか?」といった質問を受けます。

そこで、今回は収納代行事業者(収納代行のオーナー)とコンビニ収納についてご紹介いたします。

収納代行のオーナーとは?

収納代行とは収納企業に代わって、コンビニエンスストア(以下、コンビニ)収納やクレジットカード決済などを代行して取り扱うサービスです。収納代行事業者は、コンビニ収納、クレジットカード決済、ペイジー決済、口座振替などの決済手段を提供します。収納代行事業者が「収納代行オーナー」となり、決済手段を利用する企業や店舗が「テナント」になります。代金収納を希望するテナントは、収納代行オーナーが提供する決済手段の中から、利用者や商材によって必要な決済手段を選び契約を結びます。テナントは収納代行オーナーと契約を結ぶことで、コンビニ店頭での代金収納をはじめ各種決済手段を利用でき、集金業務や支払窓口の開設が不要となります。

テナントと収納代行オーナー

このように収納代行を利用することで、簡単に代金収納の仕組みを構築できます。また、支払い側である利用者にも、自分に合った決済手段を選ぶことができるというメリットがあります。利用者からの代金収納はどの業界、業態の企業にも欠かすことができませんが、その仕組みの構築は悩みの種です。そのため企業へ速やかに決済手段を提供する収納代行オーナーの需要は、BtoCだけでなくBtoBにも存在しています。

コンビニ収納を採用することのメリット

数ある決済手段の中でも、利用者に認知され、幅広く利用されるようになってきたのがコンビニ収納です。銀行や郵便局だけで利用可能だった払込票も近年ではコンビニ収納が一般的になり、インターネット上の決済手段でも、クレジットカード決済に加えて、コンビニ収納も多く見られるようになりました。そこで、既に収納代行のオーナーの方にもこれから収納代行のオーナーになる方にもコンビニ収納の導入をオススメします。

コンビニ収納なら幅広い利用者層に対応できます。 コンビニ収納のメリットは、24時間365日営業しているコンビニで支払えるため、利用者にとって都合のいい時間に支払えることです。コンビニは郵便局や銀行より身近で入店しやすく、誰にでも利用しやすいという特徴があります。銀行窓口の営業時間内に出向くことが難しい方やクレジットカードをあまり利用したくない方にも好評な決済手段です。

つまり、幅広い利用者層に対応できることが、コンビニ収納を採用するメリットです。

コンビニ収納には、払込票を郵送してコンビニ店頭で支払う払込票郵送型と、パソコンやスマートフォンの画面に支払番号を表示・通知してその番号で支払うインターネット型があります。注文と同時にすぐ支払え、コンビニ店頭で支払いを完了すればすぐにサービスを受けられるインターネット型は、物販だけでなく、ECサイトなどでのサービス提供にも適しています。さらに払込票の郵送が不要なので、誤送付や住所氏名記載が誰かに見られる心配もありませんし、コスト削減にもつながります。

収納代行オーナーにオススメ、「スマートピット」のテナントオプション

既に収納代行のオーナーの方にもこれからコンビニ収納を提供したい収納代行のオーナーにも、当社のスマートピットがオススメです。 スマートピットは、インターネット型のペーパーレスコンビニ収納代行サービスです。 スマートピットには、コンビニ収納を提供するオーナー向けの機能として「テナントオプション」をご用意しています。テナントオプションは、オーナー企業への収納通知などの電文情報にテナント企業別の企業コードが埋め込まれていますので、各テナント企業の利用分を簡単に分配集計することができます。利用者がコンビニ支払後に受け取る領収書には、テナント企業名や商品名、お支払額が表示されますので、領収書としてご利用いただけ、収納代金については、オーナー企業へ一括して振込ができます。

SmartPitテナントオプションのイメージ

さらにテナントオプションは本社・支社や、本店・営業所、本部と各組織などに対しても導入することができます。本社で利用者から一括してお申込みを受け付け最寄りの支社がサービス提供する場合や、本部で収納代行機能を持ち各組織へ決済手段を提供する場合などのご利用にも適しています。スマートピットの詳しい利用方法や導入方法につきましては、スマートピットWEBサイトからお問い合わせください。

資料請求・見積をご希望のお客様は、こちらからお申し込みください
SmartPitの詳しい内容はこちら

このコラムを見た人はこちらのコラムも読んでいます

決済情報コラム10

Smart Pit(スマートピット)で手軽にコンビニ払い

払込票のいらないコンビニ収納代行サービス「Smart Pit(スマートピット)」の実際の使用感・特長をご紹介。


決済情報コラム06

消費税率改定による決済業務への影響とペーパーレス決済

紙の払込票を使わずにお客様への料金請求が可能な決済手段のご紹介。



PAGE TOP
COPYRIGHT(C) 1995-, NTT INTERNET INC.