NTT インターネット

決済情報コラム ペイジー収納とは 総合決済情報サービス

HOME決済情報コラム > ペイジー収納ってご存知ですか?

ペイジー収納ってご存知ですか?

掲載日:2013年07月16日
最終更新日:2014年09月18日
 決済情報サービス事業部 営業部 後藤隆

ご存知ですか?このマーク

ペイジーロゴ 決済情報サービス事業部 営業部 後藤隆

「ペイジー」という支払い手段をご存じですか?

年間利用金額(平成25年度)が9.6兆円、利用件数が年間6,100万件を超え、急速に広まっている支払い手段です。特長の一つとして、金融機関のATMを使って従来の振り込みより簡単な操作で支払いができます。また、インターネットバンキングやモバイルバンキングでも同じように簡単な操作で支払いが可能です。今では、税金、公共料金、携帯電話料金や通販の購入代金、航空運賃といった多様な料金をペイジーによって支払うことができます。

収納機関様のメリット

実は、ペイジー収納を導入すると収納機関様にはこんなメリットがあります。

サービス向上と業務の効率化を図れます!

サービス向上
従来の銀行振込に新たにペイジー収納を追加した当社のお客様の事例では、金融機関の窓口営業時間外の収納が全体の4割近くを占めるようになりました。場所や時間を選ばずに、24時間いつでも払いたいと思った時に支払えるので、利用者へのサービス向上を図ることができます。


消込業務を効率化
収納情報が電子化されるので、消込作業を自動化できます。さらに収納済み通知を金融機関から受けとって、OCRで読み込む作業が不要となりますので業務の効率化を図ることができます。


金額確認業務を効率化
銀行振込と違い、金額は手動で入力するのではなく自動表示されますので金額の変更ができません。ですから振込金額の確認が不要となり業務の効率化を図ることができます。


キャッシュフローの改善
ペイジー収納の場合には、収納後第3営業日(指定銀行の場合は第2営業日)と他の収納手段よりも早く入金されますので、キャッシュフローの改善を期待できます。

シンプルで簡単。使って分かるその良さ

払込票

ペイジーの支払い方法はとてもシンプルです。請求書に印刷されている「ある番号群」を、ATMやインターネットバンキングの画面で入力すると、支払い先や金額等の情報が自動表示されるので、あとは払込ボタンを押すだけなんです。

使うと便利さを実感できます! 「金融機関で払うならば、昔から振込があるじゃないか」と思う方もいらっしゃるかと思います(私の妻がそうでした)。でも、ペイジーは振込よりもはるかに便利なんです。振込では、振込相手先の金融機関名・支店名・口座種別・口座番号・名義人・振込金額等を全て入力する必要がありますが、ペイジーでは「ある番号群」を入力するだけで、これらが自動で表示されるんです。今まで「振込金額」や「振込先」を何度も何度も確認したという経験はありませんか? 打ち間違えたら大変なことですもんね。ペイジーであれば自動表示されるので「あ、振込金額、間違えちゃったよ」ということがないんです。

実は先日、妻がATMでペイジー支払いを初体験したみたいです。「番号入れたら自動表示されたよ。簡単だった」なんて言ってましたね。ぜひ皆さんも一度試してみてください。その便利さが実感できますよ。

ペイジーを始めるにはどんな準備が必要なの?

収納企業様・地方公共団体様にも数々のメリットが期待でき、利用者(納付者)にとっても便利なペイジー払いを導入したいと考えた収納担当者様が次に考えるのは「ペイジーを始めるにはどんな準備が必要なのか?」だと思います。

準備することを一つ一つお伝えしたいのですが、あいにくここではスペースが足りませんので、次回はその中でも最も大事な「MPN共同利用センターの選定」について地方自治体様のケースをお話したいと思います。

このコラムを見た人はこちらのコラムも読んでいます

決済情報コラム02

MPN共同利用センターの選定

導入準備で検討が必要なMPN共同利用センターの選定をご説明。



資料請求・見積をご希望のお客様は、こちらからお申し込みください

資料ダウンロード お問合せ
PAGE TOP
COPYRIGHT(C) 1995-, NTT INTERNET INC.